トピックス-Topics-

2016/12/30
藝文對談ともえ:第三十七回:作家活動の背景 を公開
22016/12/30fr:初代ゴジラの話題が続く。センセイはゴジラの造形の見事さについて話し出し、特に キングコング対ゴジラ の造形が最も素晴らしいと賛辞。初代のゴジラは必ず夜に襲来することに触れ、戦時中の空襲を想起させると話すと、マッサンは実際にそこは狙いだったようだと言葉を継ぐ。面白さの1つとしてゴジラは実はそんなに出ていない点に触れる。物語は人間ドラマ中心に展開されており大人になるとそこが面白いと、子供との視点の違いを語る。センセイはゴジラの成功は伊福部昭の音楽があってのことと伊福部音楽について持論を展開する。そして背景を踏まえた作物と、目的に応じて即物的に作り上げられたモノとの厚みの差について述べる。

藝文對談ともえ:http://tomoe.yataiki.net/

2016/12/20
藝文對談ともえ:第三十六回:初代ゴジラ、映画と演出 を公開
2016/12/20tu:前回シン・ゴジラの話題を語らい初代のゴジラを振り返ろうと三人。(トッチャンは未見だったことから初めて見てからの参加)出だしはゴジラが生まれた時代的背景や、ゴジラを制作する際に他作品から受けた影響について話される。そこからセンセイの知る舞台裏としてのゴジラが語られる。マッサンは子供の頃に見た時と大人になり改めて見た時で全然印象が違うと言う。それを受け、事実センセイがこの映画の影響で水槽に対し怖いイメージがついたと思いでを語る。座は盛り上がり当時の映画制作に関わる様々な背景が語られ、分業化する現代との違いが浮き彫りになっていく。

藝文對談ともえ:http://tomoe.yataiki.net/

2016/12/10
藝文對談ともえ:第三十五回:シン・ゴジラ を公開
2016/12/10sa:完全なネタバレ。今年の7月、2016年東宝の新作映画「シン・ゴジラ」を皆で行くことに。(センセイ、マッサン、浩義氏の3人は恒例行事)その感想回。”ともえ”の三人、センセイ、マッサン、トッチャンに加え、共に映画を観に行ったカメラマンの浩義氏、センセイの弟子である翠甫氏も同席。二人には収録にも立ち会っていただいた。冒頭でセンセイが「今までのゴジラとは雰囲気が違って良かった」との発言を受け、マッサンはゴジラの動きが気になったという。曰く、十中八九CGだろうにスーツアクターがいるかのような存在感。でも普通とは違う不気味さを感じたと。その理由が、たまたま見たメイキング映像でわかったと口を開く。そこから俳優の演技の話に移り変わり、物語の全体構造、モノ作りへの姿勢へとおよんでいく。

藝文對談ともえ:http://tomoe.yataiki.net/

2016/11/30
藝文對談ともえ:第三十四回:老子の話 を公開
2016/11/30we:日頃から読書は嫌いというセンセイ。ところが本は溢れている。その点についてマッサンがセンセイと話している。センセイにとって読書は娯楽ではなく『活動』をする上で『思索の糧』として、『表現背景の厚み』を醸成するためのものであり、仕事としての必要性から読むものと捉えていることを知る。娯楽なら他の娯楽を選ぶとセンセイ。読んだ本の話におよぶと「老子道徳経」を上げる。読んでどう感じたか、視点を置いたか、マッサンは尋ね、センセイは道徳経から何を学び、それを活動の視点として捉え、歩んでいるか話におよぶ。

藝文對談ともえ:http://tomoe.yataiki.net/

2016/11/20
藝文對談ともえ:第三十三回:プロとしての構え を公開
2016/11/20su:映画「大魔神」の話をしているマッサンとセンセイ。リアルタイムで見たというセンセイ。大魔神に見られる「審判」と「啓示」についてマッサン。3人ともこれといった信仰はないと述べるも「何か」はいるのだろうと。マッサンが数学者の話を出し、「いよいよ突き詰めるていくと科学で解明できない『何か』の存在を感じぜずにはおられない」と聞いたことを伝える。モハメド・アリやセンセイの言葉を借り「人の法則ではなく天の法則にのっとる」という考えを付け加える。「不可能はない」という言葉は、そもそも「可能たらしめる心の構え」であると私見を述べ、そこから「プロとしての構え」に発展。どの分野であってもプロとして譲ってはいけい領域があるという話になっていく。

藝文對談ともえ:http://tomoe.yataiki.net/

2016/11/10
藝文對談ともえ:第三十二回:藝文東京ビエンナーレ を公開
2016/11/10th:近々開催を予定している「藝文東京ビエンナーレ」について話しましょうとマッサン。(三人は会員でもあり同時に出品者) 藝文会について一会員としての感想をマッサンとトッチャンが語り合う。トッチャンは昨年発行された会誌から自由な気風が感じられると述べ、マッサンはテーゼの特異性を言う。センセイに会の方向性について尋ね、話は昨今の組織のあり方や個人の動きについて広がっていき、組織はどうあるのが望まれるか、対して個人はどう構えればいいか、話が展開される。

藝文東京ビエンナーレ

■会場:東京芸術劇場 アトリエイースト(B1F)
    〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
    JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結しています。
■開催日:2016.11/20(日)〜11/23(水・祝)の4日間
■時間:11月20日(日)初日のみ 12:00〜16:00
    11月21日(月)〜23(水・祝) 10:00〜16:00
■主催:藝文会 http://geimon.jimdo.com/
■料金:無料

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/10/30
藝文對談ともえ:第三十一回:妖怪大戦争 を公開
2016/10/30su:センセイとマッサンの日常会話。思い出したように話題に登る映画が「妖怪大戦争」だった。センセイはリアルタイムに劇場で観たという。マッサンは夏休みの子供向けテレビ放送で。それぞれ異なる視点で印象に残っていた映画で、互いの記憶を確かめ合うように話す。トッチャンは収録に合わせ本タイトルを購入。視聴した上でこの回に臨んだ。映画の物語構成や役者の芝居、演出等から現代日本人との違いを見出す三人。当時の日本人における精神的背景を感じさせる演出や仏教的背景を感じとり、当時とは異なった視点で話す二人。そこに現代人の目線から真っさらな状態で鑑賞したトッチャンが加わり、愉快な中で話題が展開していく。

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/10/20
藝文對談ともえ:第三十回:明治の精神 を公開
2016/10/20th:前回、明治の話が出たので「明治の話」をしようと始まる。マッサンが「授業で明治はほとんどやっていない」と語る。激動の時期であることは小説からも伺えると、マッサンは夏目漱石の「こころ」で西洋の息吹を彷彿とさせる描写として、書生さんが靴紐を結ぶ表現を思い出す。センセイは日露戦争から明治の人間像を浮かび上がらせる。明治期の日本人は人品骨柄を見る能力があったと例を挙げ、その点、現代は違うと言う。マッサンは明治生まれだった母方の祖母のエピソードを披露し、明治期の人間と昭和期の人間で何かが全く人が変わってしまった体験を語る。センセイはそれを受け、自らの祖母との思い出を語り明治人の姿と現代人との違いを述べる。

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/10/10
藝文對談ともえ:第二十九回:黒澤明からスターウォーズまで を公開
2016/10/10ma:映画の話をしましょうとマッサン。トッチャンは黒澤明の「生きる」を上げる。センセイはそれを受け黒澤明の表現について語りだす。諧謔的表現を用い、その妙なる雰囲気が監督独特な技であると述べる。そこから監督業、転じて指導者の難しさは指導することそのものより携わる人々の精神的構えを作らせていくことのほうが困難であり、むしろそっちが重要であると持論を展開する。マッサンは「映画というとやっぱりスター・ウォーズかな」と第七回でも話したタイトルを上げ、話は続く。

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/09/30
藝文對談ともえ:第二十八回:読者と作家 を公開
2016/9/30fr:前回の司馬遼太郎「坂の上の雲」の話から。センセイは読み終え「死守」という文言が印象に残り、君江さんが告知を受けた折、彼女を「死守」するのだと感じ看護に身を投じた過去を振り返る。そして亡き後、叙事詩「ポプラの丘」を書く一つのキッカケになったと言う。センセイにとって本を読むとは熟読を意味し、熟読とは臨書を書くことと意味合いは同じであると展開させる。細部に至るまで目を走らせ遅々として進まない中で読んでいく重要性を説く。書く場合も同様で、熟読するように書かないと自らを正確に汲み取っていくことが出来ないのではなかろうと語り、何事にも手抜かりなく行うことの意義を述べ、二人は耳を傾ける。

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

- Topics Board -