トピックス-Topics-

2016/11/10
藝文對談ともえ:第三十二回:藝文東京ビエンナーレ を公開
2016/11/10th:近々開催を予定している「藝文東京ビエンナーレ」について話しましょうとマッサン。(三人は会員でもあり同時に出品者) 藝文会について一会員としての感想をマッサンとトッチャンが語り合う。トッチャンは昨年発行された会誌から自由な気風が感じられると述べ、マッサンはテーゼの特異性を言う。センセイに会の方向性について尋ね、話は昨今の組織のあり方や個人の動きについて広がっていき、組織はどうあるのが望まれるか、対して個人はどう構えればいいか、話が展開される。

藝文東京ビエンナーレ

■会場:東京芸術劇場 アトリエイースト(B1F)
    〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
    JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結しています。
■開催日:2016.11/20(日)〜11/23(水・祝)の4日間
■時間:11月20日(日)初日のみ 12:00〜16:00
    11月21日(月)〜23(水・祝) 10:00〜16:00
■主催:藝文会 http://geimon.jimdo.com/
■料金:無料

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/10/30
藝文對談ともえ:第三十一回:妖怪大戦争 を公開
2016/10/30su:センセイとマッサンの日常会話。思い出したように話題に登る映画が「妖怪大戦争」だった。センセイはリアルタイムに劇場で観たという。マッサンは夏休みの子供向けテレビ放送で。それぞれ異なる視点で印象に残っていた映画で、互いの記憶を確かめ合うように話す。トッチャンは収録に合わせ本タイトルを購入。視聴した上でこの回に臨んだ。映画の物語構成や役者の芝居、演出等から現代日本人との違いを見出す三人。当時の日本人における精神的背景を感じさせる演出や仏教的背景を感じとり、当時とは異なった視点で話す二人。そこに現代人の目線から真っさらな状態で鑑賞したトッチャンが加わり、愉快な中で話題が展開していく。

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/10/20
藝文對談ともえ:第三十回:明治の精神 を公開
2016/10/20th:前回、明治の話が出たので「明治の話」をしようと始まる。マッサンが「授業で明治はほとんどやっていない」と語る。激動の時期であることは小説からも伺えると、マッサンは夏目漱石の「こころ」で西洋の息吹を彷彿とさせる描写として、書生さんが靴紐を結ぶ表現を思い出す。センセイは日露戦争から明治の人間像を浮かび上がらせる。明治期の日本人は人品骨柄を見る能力があったと例を挙げ、その点、現代は違うと言う。マッサンは明治生まれだった母方の祖母のエピソードを披露し、明治期の人間と昭和期の人間で何かが全く人が変わってしまった体験を語る。センセイはそれを受け、自らの祖母との思い出を語り明治人の姿と現代人との違いを述べる。

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/10/10
藝文對談ともえ:第二十九回:黒澤明からスターウォーズまで を公開
2016/10/10ma:映画の話をしましょうとマッサン。トッチャンは黒澤明の「生きる」を上げる。センセイはそれを受け黒澤明の表現について語りだす。諧謔的表現を用い、その妙なる雰囲気が監督独特な技であると述べる。そこから監督業、転じて指導者の難しさは指導することそのものより携わる人々の精神的構えを作らせていくことのほうが困難であり、むしろそっちが重要であると持論を展開する。マッサンは「映画というとやっぱりスター・ウォーズかな」と第七回でも話したタイトルを上げ、話は続く。

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/09/30
藝文對談ともえ:第二十八回:読者と作家 を公開
2016/9/30fr:前回の司馬遼太郎「坂の上の雲」の話から。センセイは読み終え「死守」という文言が印象に残り、君江さんが告知を受けた折、彼女を「死守」するのだと感じ看護に身を投じた過去を振り返る。そして亡き後、叙事詩「ポプラの丘」を書く一つのキッカケになったと言う。センセイにとって本を読むとは熟読を意味し、熟読とは臨書を書くことと意味合いは同じであると展開させる。細部に至るまで目を走らせ遅々として進まない中で読んでいく重要性を説く。書く場合も同様で、熟読するように書かないと自らを正確に汲み取っていくことが出来ないのではなかろうと語り、何事にも手抜かりなく行うことの意義を述べ、二人は耳を傾ける。

藝文對談ともえ http://tomoe.yataiki.net

2016/09/26
フォトグラファーズオフィス美苑-bion-:第一回個展作品集を公開
フォトグラファーズオフィス美苑-bion

2003年に公開された第一回個展の作品集をサイトに公開いたしました。今後、作品集をまとめ上げたオンライン・ポートフォリオをメニューの 松里浩義の概要 に追加して参ります。

http://bion.yataiki.net/portfolio/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%9B%9E%E5%80%8B%E5%B1%95%E3%83%BB%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86/

併せて、当時の会場風景を 也太奇-YATAIKI- 撮影の写真を用い公開いたしました。御覧頂ければ幸いです。

http://bion.yataiki.net/%E6%9D%BE%E9%87%8C%E6%B5%A9%E7%BE%A9%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%9B%9E%E5%80%8B%E5%B1%95%EF%BC%9A%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%86%99%E7%9C%9F/
2016/09/26
本名カズト:ドメインを取得
今後の活動を見据えサブドメインを取得しました。

http://kazuto.yataiki.net/

先日ご案内したアドレスは使用不能となります。
このアドレスをブックマークいただくかRSS登録して頂ければ幸いです。

本サイトは 本名カズト第二の公式サイト として位置づけ。このサイトでもライブニュースを掲載し、也太奇-YATAIKI- が公式にオファーされた 本名カズト の情報を全てが閲覧出来るようにします。

旧来の表示形式をもつこれまでのサイトも継続しニュースやコメンタリーは引き続き更新。Blogger版公式サイトも継続してライブ情報を発信していきます。
2016/09/23
Duckwalk:サイトをリニューアル
本名カズトが設立した音楽レーベル「Duckwalk」を大幅に刷新いたしました。本サイトでは Duckwalk が手がけるライブイベントや制作したビデオクリック等を公開してまいります。

http://duckwalk.yataiki.net/
2016/09/23
本名カズト:本名カズトContents をリニューアル
也太奇-YATAIKI- 推しアーティスト「本名カズト」の活動を記録した「本名カズトContents」をリニューアル致しました。今後ライブ活動のアーカイブ化をはじめとした活動情報の整理、今後の活動フォローをいたしました。

ブログ名を「本名カズト」に変更し、音楽、映像、写真、コメンタリー、公式サイト更新情報を掲載してまいります。

http://yataiki.net/hkswamp/blog/
2016/09/20
藝文對談ともえ:第二十七回:本の話 を公開
2016/9/20tu公開:トッチャンが本好きだと感じたマッサン。そのことから本の話をしましょうと話題をふる。一先ず自分を横へ置いておき、昨今、本を読む人が減っているのではないか、ましてや本好きと言える人は過去に1人しか知らないと自らの過去を振り返る。最近自分が読んだ本、気になる本をお互いに披露しあうことになり、マッサンはドナ・ジャクソン・ナカザワ著の「免疫の反逆」を読んでおり、その内容や何故読んでいるかに触れる。そして読みたい本でありながら手が出ていないものとして、ドストエフスキーの「罪と罰」を上げる。トッチャンは「罪と罰」は自分の中でずっとブームだと言い、買って読んだ方がいいですと思いを語る。「罪と罰」の話から、自ら好む小島信夫について本の話を語る。小説はまず読まない中でふと読みたくなって集中的に読んだ「坂の上の雲」についてセンセイが話す。そこから明治の日本人の姿に話は及んでいく。

藝文對談ともえ:http://tomoe.yataiki.net/

- Topics Board -