叙事詩ポプラの丘 懿徳頌述第一 藝文類聚
2013.08.10
[在庫:なし]
叙事詩ポプラの丘
懿徳頌述第一 藝文類聚
(いとくしょうじゅつだいいち げいもんるいじゅ)

著者:野尻泰煌

仕様:A5判横 126ページ
発行:2013年8月10日
ISBN:なし
価格:(非売品)

発行人:松里鳳煌
発行所:也太奇
在庫:なし

主たる立体物の撮影:フォトグラファーズオフィス美苑
立体物の一部および平面物撮影:松里鳳煌
装幀:松里鳳煌
表紙イラスト:野尻泰煌
題字:野尻泰煌

「ポプラの丘」小册子に寄せて:野尻 泰煌

民族・風土・環境・言語・騒史・民族的傳統感覺や生活樣式に及ぶ「種」的鮠素に規定される古念を踏まえ、アイデンティティーの必鮠性の見直し、普遍妥當性の背景を基響に沿革とする活動。
 自國の文化楼邊の「種」の美意識の究明。植民地支配で生じる騒史的文化變遷と刊文化の共似性の考察、「揃」的共通の美意識全搬の内容に到る。
 さらに、ユング心理學の實踐を通し、「種」の美意識を超え「揃」的共同性に目覺めることに主眼を置く、鏥合藝術を素材に一連の系統を統御する課題は、近年 矢外へ向けての實驗的營みに反映されてくる。
 さてこの度、妻・君江十三回忌を一つの杢目にこれらを象友する「ポプラの丘」を小册子にまとめ、彼女の利生に感謝し共通の人間性に到達することを悲願にこれを以って妻に手向ける次第である。

著者:野尻 泰煌(のじり たいこう)

書家。泰永会の代表。1962年生まれ。東京都出身。7歳の頃から書を学び、19歳で、泰永会を発足。過去に、A.M.S.C.スペイン本部芸術家会員、アジア芸術教育文化財指定、日本書学院理事・審査員、スペイン国立装飾美術館友好協会会員、パジェ・デ・ロス・スエニヨス財団会員等。


(表紙)


(中身)


(裏表紙)


本のサンプル:P1~P15迄[PDFファイル:books_Ntaiko_No1_sample.pdf
仕様:高解像度データ、閲覧のみ可能。音声読み上げデバイス対応。印刷不可、編集不可、コピー不可。

出版者からのコメント

著者の希望により正字を使用した本となる。書の作品集で外字を使うことはあったが、本文で多用するのは当方としては初の試み。作字は数十字に及び、ワープロ感覚での直接入力が出来ない為に文字コード表や多漢字検索ソフトを多用する。本紙内で使用された枠の文様は著者が自ら作成した寄木彫刻を当方でデザイン化したもの。2012年の11月より入力作業を開始し2013年の7月まで業務。



第一回写真展作品集
2003.10.26
[在庫:僅少]
第一回松里昌立写真展作品集

発行:2003年10月26日 100部
価格:1,500円(国内送料・税込み)
仕様:B5-モノクロ-P62
分類:図録・作品集
ISBN:なし
発行所:也太奇-YATAIKI-
著者:松里浩義
活動:写真家・書家
在庫:僅少

販売価格:1,500円(税・送料込)
備考:会場内では特別価格500円での図録。

紹介:2003年東京芸術劇場で開催された初の個展。その図録。ライフワークである被写体。書家の野尻泰煌氏を中心に、ミュージシャン本名カズト氏およびそのバンドメンバーのライブフォト。そして仕事で海外を旅した際に撮影した様々な国の写真を収録。2003年猛暑の中、ユニットバスに閉じこもり、自ら現像、プリントを実施。その印画紙をスキャンしたものを使用した。初の作品集。

----------------------------------
展示会情報
----------------------------------
開催期間:2003年10月26日(日)・27日(月) 2日間
開催時間:10:00~19:00(初日のみ12:00から)
表題:第一回松里昌立写真展(個展)
場所:東京芸術劇場・展示室2(現アトリエウエスト)
撮影・著作:松里浩義
備考:会場特別価格500円に販売。
----------------------------------
也太奇にて販売情報
----------------------------------
発売開始:2019年1月10日(木)
ショップ:BASE也太奇
販売価格:1,500円(税・送料込)※クリックポストにてポストへ投函。
留意事項:在庫僅少につき完売の際はご容赦願います。増版、電子版の予定はありません。
プレビュー:フォトグラファーズオフィス美苑 にてデータ閲覧は可能。
----------------------------------
作者プロフィール
----------------------------------
 1966年生まれ。三重県出身。大学卒業直前に写真と出会う。独学でカメラ撮影技術を学び、カメラマンとして出版社勤務の後、フリーランスとして独立。2001年:書家の野尻泰煌氏をライフワークテーマと据え、入門する。2003年:東京芸術劇場にて写真家として初の個展を開催。2008年:師の勧めにより「美苑(びおん)」の屋号にてフリーランスカメラマンとして活動開始。2008年:ミュージシャン本名カズト氏のアルバム「HammockMoon」にて撮影参加。2015年:表現者のサロンである国際藝術文化協会(藝文会)に創立メンバーとして加わる。2016年:藝文東京ビエンナーレ2016にて Wall を発表。
書家としての活動も近年著しく、2017年:所属する泰永会を通し ハンガリー・ラダイ博物館 に書作品が寄贈。2018年はチェコ共和国ブルノ市における社中展では第二席を受賞。同年、ブルノ技術博物館に作品が寄贈される。

- CafeNote -