トピックス-Topics-

2020/10/30
藝文對談ともえ:第百七十回:先生の手帳・十 を公開
話者:松里鳳煌

冒頭 ”野尻先生” という呼び名に関して思い出を語ります。そして自身が参加してからの泰永書展をざっと振り返ります。奇しくも奥様の茹園先生を見送ることから始まり、先生を見送るまで続けて来ました。これで一つ大きな節目を越えた気がします。 ”ともえ”の収録ストックも残りが少なくなってきました。出来るだけ引き伸ばした欲求にもかられ、放送開始より満五年、六年目になる来月よりアーカイブの配信は月1本に減らそうと思います。

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/10/20
藝文對談ともえ:第百六十九回:死を考える を公開
【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

子供の頃から自身への問に「死をどう捉えるか」という視点があるとマッチャン。それは今も続く。当初、自身は別れの際に後悔の無いよう「語り尽くす」ということにし、これまでの自らの生き方をシフトチェンジしたと。しかし、結局は「語り尽くせぬ」ということを実感することになったと言う。センセイはどう足掻いても寂しさは否めないと言う。でも、亡くなる側は必ずしもそうでもないようだと君江さん(亡き奥様)が生前語った言葉を告げる。そして自身も恐らく自分がいよいよの時は悲しくは無いのだろうと想起した。(2019年収録)

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/10/10
藝文對談ともえ:第百六十八回:名画の特徴 を公開
【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

年末(2018年末)に映画の名画全集を買い色々見ているけど共通した特徴があるとセンセイ。特に日本の名画にはそれが当てはまると。それらは自身が見たいと望んでいた映画ではなかったと語る。そして自分が望んでいる映画はどうやらSF映画にしかないようだと。それは偶然にもマッチャンがSF映画を好きな理由であった。2019年1月2日に初夢を見たというセンセイ。200年後の十条に突然現れた自分が、すっかり変わり果てた街、聳え立つビルの中に自身が書いたと思われる隷書で書かれた「泰永会」の看板を見出す。その時に、ある感傷を味わったと。(2019年収録)

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/09/30
藝文對談ともえ:第百六十七回:映画よもやま話 を公開
【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

ヒッチコックが隆盛を極めた時期が日本にあった。そのため世代にとっては共有可能な話題でもありマッチャンは訊ねる。センセイはヒッチコックと言えば彼の代表作である「鳥」を思い出すと言う。マッチャンは鳥もさることながら個人的に「裏窓」が印象深いと応じる。「裏窓」を中心に、映画業界の裏話や、映画業界の様々な話をする二人。素材によらず調理次第では魅力的な作品はいかようにでもなり、そこに一貫して監督が出るという話に。(2019年収録)

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/09/20
藝文對談ともえ:第百六十六回:壱・飽きるという能力 を公開
今回は短すぎて放送出来なかった興味深いトークを3本纏めてお届けいたします。

壱・飽きるという能力

【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)、相模泰生(サガミさん)

ビジネスの展示会で聴講したAIに関する研究者の言葉が興味深かったとマッチャン。それが「人間の凄い能力は飽きること」というもの。それは奇しくもセンセイが言った言葉でもあった。センセイは北大路魯山人の言葉を例に取り上げ、自身の体験から何事も飽きてからが第一歩だなと感じると語った。(2019年収録)

弐・伝統文化の保護

13分25秒辺りから:【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

展示会場での収録。伝統文化の分野では時代とのギャップがどうしても埋められない分野もあるとマッチャン。明らかに使われなくなった、言い換えれば用の美を持ち得なくなった分野の伝統文化はギャップが広がるばかりで失われる可能性は否めないと投げかける。ギャップを埋めることは果たして出来るのだろうかとの問にセンセイは出来ないと応える。伝統というのはやはり国家レベルの保護が必要だろうと。(2018年収録)

参・自分の後ろ姿

24分50秒辺りから:【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

ワグナーと若き皇帝の物語について談笑する二人。皇帝の悲惨な最後から自分の後ろ姿というのはわからないという話に。外から見て羨ましいと思える人ですら当人は必ずしもそう思っていないことがあるとマッチャン。センセイは、幸不幸というのは本人が精神的に安定しているかどうかにかかっている気がすると語る。最後は来客に応える野尻の声で収録は中断となった。(2018年収録)

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/09/10
藝文對談ともえ:第百六十五回:君江さんとのこと弐 を公開
話者:松里鳳煌

2001年に亡くなられた、茹園先生こと君江さんとのことを思い出す放送の第二回(書家の野尻泰煌先生の奥様)。2001年の6月10日に何時も通り次回の個展へ向けて鋭意制作中の野尻泰煌先生と手伝う私。来るはずの君江さんが来ない。その日は何時も通り夜9時まで作品を書いて別れるも、翌日大至急来て欲しいと。後に茹園先生は亡くなり、野尻先生は失意のドン底に。加えて糖尿まで発覚。その野尻先生をも送り出し、今月27日より追悼展を開催する。

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/08/30
藝文對談ともえ:第百六十四回:伝統文化と時代の乖離 を公開
アトリエイーストで和歌の話をしている二人。伝統文化と現代の乖離について話をしている。伝統という型を踏襲せずに、もっともらしい型っぽいものに、現代を注いでいることに根本的な間違いがあると。センセイは改めて伝統の大切さを述べる。動が揉まれて精度を増し結果的に静になる。それが型である。それが多年の月日を折り重ね伝統の型になる。それを右から左にやると古臭くなるのは当然。型を踏襲しながら現代を注ぐことが伝統文化の営みである。その為には型を入れることから始める必要がある。(2018年収録)

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/08/20
藝文對談ともえ:第百六十三回:音楽にみる純粋表現 を公開
機会を得られて吹奏楽を堪能したというマッチャン。吹くという動作から奏でる音は奏者も聴者にも何とも言えない快感性があると。センセイはそれだけ吹奏楽は生っぽいんだろうと。ストラヴィンスキーの前と後では音楽における価値観は変わったとセンセイ。基礎は基礎、規律は規律として捉えながらも、自らの求めに応じ禁を侵さざる負えない中で進んでいく純粋感情は大切にしないといけないと語る。ストラヴィンスキーもその結果であると。純粋表現と経過の尊さについて語り合った。(2018年収録)

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/08/10
藝文對談ともえ:第百六十二回:君江さんとのこと壱 を公開
話者:松里鳳煌

「夏の思い出」という歌がある。ひと夏に冒頭部分だけが何百回となくアンコールされる。歌い手は母だ。子供の頃、コーラスに入れ込んでいた母が料理をしながら練習がてら歌っていた歌。外は晴天、テレビからは甲子園が流れ、扇風機がゆらゆらと動く。台所から母が料理をする音と歌声。そして思い出すのは戦争の残響に石丸茹園先生のこと。彼女は2001年8月10日52歳で亡くなった。師の奥様で、書家だった。私が彼女の年齢を迎えた年、師が不意に「そう言えばマッチャン、君江さんの歳だね」と笑顔で言ったことが思い出される。今回は彼女のことを語りたい。

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

2020/07/30
藝文對談ともえ:第百六十一回:日本の労働環境 を公開
今回は2本立て。編集はしたものの、短すぎて1本には纏められずお蔵入りした音源と来場者特典として限定公開していたもの。

第百六十一回:日本の労働環境
【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)
 日本の労働環境について話している二人。主に雇う側の立場になって語りかけるセンセイと、双方の立場と客観的情報と照らし合わせながら日本の会社事情を語るマッチャン。センセイは豊かさが失われ、切羽詰まった中で生きてきた結果だろうと語る。(2018年収録)

番外編:お子様ランチ
【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)、天外黙彊(トッチャン)
 2018年に開催された 第二回藝文東京ビエンナーレ の来場者特典として用意した「お子様ランチ」のロングバージョン。野尻先生が「ホットケーキ」や「お子様ランチ」の思い出を語る番外編。(2017年収録)

藝文對談ともえ:https://tomoe.yataiki.net/

- Topics Board -